お薬の飲み方と注意事項について

お薬は効果的な服用が大切です。

健やかに毎日を送る上で大切な、欠かせないものがお薬ですが、お薬を買ったり、お医者様で処方箋を出してもらって薬局でもらうお薬でも、効果的に使うことは大切です。
このサイトでは、皆様から集めた体験談と、薬の服用方法について気を付けたい点を紹介し、健康的な毎日のサポートを行なっています。

お薬の飲み方と注意事項

お薬によっては、1日3回食後、または起床後30分後に服用、食間というふうに指導されるものがあります。
それぞれに理由がありますが、そのほとんどがお薬の効果が良く出るためのものであったり、胃を荒らさないための方法なのです。
指示通りに飲む必要があるのは、効果だけでなく、少なくても多くても、飲む人への影響が出てしまうからです。
また、胃を荒らさないということで、食後に飲むことが多いお薬ですが、良くぬるま湯でともいわれるのは、吸収をよくする事でもあります。
また、最近では水道水を使うとこを推奨しているのは、ミネラルウォーターの場合、そのミネラル成分が薬の吸収を妨げたりするので、避けた方がいいのです。
また、お茶やコーヒーにはカフェインなども含まれるので、飲む薬の効果が薄まってしまい、効果が低下する恐れもあります。
どうしても、食事ができすにお薬を飲む場合は、牛乳や大量のお水を飲むことで胃の粘膜を守って、飲むことが必要です。

薬の保存方法と使用期限について

薬には製造年月日を記載されていて、5年間はその効果が保障されています。
薬局で購入する薬は十分に期間があるので心配はないのですが、処方箋で出してもらった薬は、数年置いている物は廃棄してしまう方がいいのです。
また保存方法は、薬は高温多湿をさけて、冷暗所に保管することが一番です。
ものによっては、冷蔵庫に保管して下さいというものもあるので、保管に関しての注意書きにも気をつけなければなりません。
お薬の効果を維持するためにも、保管方法は大切です。

ピックアップ情報

  • 任意整理や過払い金など、借金に関するお悩みを幅広く承ります。全国対応の債務整理 栃木にお任せください

お薬と食べ物の相性について

飲んでいるお薬の中で、その食品は食べないでください。
とうような、相性の悪い物があります。
お薬はだいたいが、食後の服用です。
食事のメニューにはその食品は使うべきではありませんが、注意されているの好きな果物や食品は、時間をずらして、薬に影響が無い程度の時間をあけて食べるのは、問題はありません。
相性が悪くても、食べてはいけないわけではないのです。
ネット販売の承認について
多くの人がネット販売を利用しているわけではありません。
それに、店頭に回に行くことが困難な人にとっては、ネットを利用する事はとても便利です。
ただし、ネットでのお薬の説明が正確でないといけません。
一般的に、お薬の注意書きを読んで理解できるのであれば問題ありませんが、第1類の医薬品は薬剤師が説明販売しなくてはいけません。
そんな時に、必要なのは薬剤師の説明能力なのです。
聞く側の人の状況や、質問の意図もしっかりと理解した上で、専門用語に偏らず、解りやすく端的に説明できる能力がネットでの相談薬剤師には必要なスキルと言えます。
ネット販売は、購入側の自己責任がかなり重くなりますが、その選択を正しいものにするためには、薬効の説明を棒読みにするだけでなく、解りやすく説明できる薬剤師も必要であると思います。